FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが、新型Eクラス

こんにちは。

今日は、今更ですが、新型Eクラスということで紹介していきたいと思います。
Eクラスは、初代が現在でも名車として知られているW124型のEクラスから始まったメルセデスベンツのモデルです。
実は、源流を遡っていくとSクラスよりも古く、W136型まで遡ることができると言われています。個人的にはメルセデスベンツの中で最も歴史のあるモデルはSクラスだと思っていたので驚きました。
W136
wikipediaより。
こちらがW136型の170Vという自動車です。1936年から1955年まで販売されていたEクラスの源流とされているモデルです。

新型Eクラスはその初代から数えて5代目のW213型のモデルですが、「未来型Eクラス」として日本ではプロモーションされたモデルです。
それでは、詳しい情報を載せていきましょう。
e w213
メルセデスベンツより。

[今更ですが、新型Eクラス]の続きを読む

スポンサーサイト

最善か無かを体現した最後のメルセデス

こんばんは。

メルセデスのスローガンというか、モットーを知っている人はいるでしょうか。
英語でいうと、「all or nothing」
日本語で、「最善か、無か」
なんともかっこいい響きです。
たとえば、最新の装備であっても、故障するリスクがあるのならばいらない。という例があります。
このスローガンを本当に体現していたのは、1996年くらいまでといわれています。それ以降は、コストダウンや省力化などの名目で悪く言えば手抜き、よく言えば利益率の向上に会社の方針が変わってしまいました。

それまでの時代のメルセデスの車は、質実剛健で妥協のない車づくりをしていたため、多大なコストと時間をかけて開発されてきたといっても過言ではないでしょう。
そこで、今回紹介するのはコスト度外視の最後のモデル、メルセデスベンツSクラス W140型の車を紹介します。

[最善か無かを体現した最後のメルセデス]の続きを読む

メルセデスベンツ CLS 新型

こんにちは。
今日は、メルセデスベンツ CLS 新型について書きたいとおもいます。
まず、以前のシューティングブレークコンセプトという記事で次期CLSを示唆するモデルであるということを書きました。

[メルセデスベンツ CLS 新型]の続きを読む

メルセデス・ベンツ「シューティング・ブレーク・コンセプト」

こんにちは。
今日は、メルセデス・ベンツ「シューティング・ブレーク・コンセプト」について書きたいとおもいます。
メルセデス・ベンツ「シューティング・ブレーク・コンセプト」というのは、北京モーターショーに出品された次期CLSを示唆するコンセプトカーです。
やはりコンセプトカーとあって、とても派手なデザインとなっています。
09_llp
外観はワイド&フラット、ロングノーズ&ルーフが特徴となっています。

[メルセデス・ベンツ「シューティング・ブレーク・コンセプト」]の続きを読む

メルセデスベンツ SLクラス

こんにちは。
今日は、新着情報ではありません。
普通のクルマ記事です。

メルセデスベンツ SLクラスの名前の由来は、スーパーライト(super light)ですね。
個人的には、今の現行モデルよりも一歩手前のモデルのほうが好きなんですね。
ただ、やはりココは現行モデルのことについて書いたほうがいいと思うのでそちらのほうを書きたいと思います。
c43194a.jpg
レッドボディカラーもいいと思いますが、やはりベンツといったらホワイトブラックですよね。
ただ、ブラックは個人的に怖いイメージがあるので、ホワイトのほうが好きですね。

さて、2人乗りということで、ボディーサイズは抑えられています。
全長 (mm) 4600
全幅 (mm) 1820
全高 (mm) 1300
ホイールベース (mm) 2560

全高が低いですね。
メルセデスベンツスポーツモデルとあって速そうな、流麗なモデルとなっています。
ちなみに、AMG仕様はとてもかっこいいモデルになっています。
2009_sl_amg-img_8402lo.jpg
エアインテークが増えています。
いやぁかっこいいですね。
意外とシルバーというボディカラーもいいものですね。
スポーティ感が増しています。

では、最後にスペックを載せたいと思います。
メルセデスベンツ SL65AMG

エンジン種類 V型
気筒数 12
動弁機構 SOHC
過給器 Turbo
総排気量 (cc) 5980
ボアxストローク (mm) 82.6×93
トランスミッション 5AT
最高出力 (ps/rpm) 612 / 5100
最大トルク (kgm/rpm) 102.0 / 4000

なぜ、MTではないのでしょうか・・・。
残念でなりません。

SL600

エンジン型式 -
エンジン種類 V型
気筒数 12
動弁機構 SOHC
バルブ数 -
過給器 Turbo
総排気量 (cc) 5513
ボアxストローク (mm) 82×87
トランスミッション 5AT
最高出力 (ps/rpm) 517 / 5000
最大トルク (kgm/rpm) 84.6 / 3500

ちなみに値段は、1200~2964万円となっています。
お高いですね~^^;

プロフィール

hamadadx

Author:hamadadx
小3から車好きのハマダです。
好きな車はAudi系統です。
この頃は更新をしていくうちに、そのほかのクルマのメーカーも好きになってきました。
少しでもクルマのことについて知ってもらえると幸いです。

最新記事

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。